夏山の低山に効果的。ミレーのドライナミックメッシュ!

夏山の低山に効果的。ミレーのドライナミックメッシュ!

夏山の低山に効果的なのは、ミレーのドライナミックメッシュ!

汗冷えを防ぐために、もはや必須装備になった、機能性アンダーウェア。

自分も実際に使用しているのだが、効果は抜群に高く、登山には必ず使用している。

 

 

一年を通して発汗による冷えと不快感を軽減する、究極のドライ感を実現した次世代のアンダーウェア(肌着)。疎水性に優れ、熱伝導率の低いポリプロピレンをベースに、かさ高メッシュで編み上げることで肌面の汗を素早く吸収し、上位のベースレイヤーに拡散します。さらに汗を吸ったベースレイヤーはメッシュの厚みによって肌から遠ざけられ、肌面の冷えを防ぎ、ドライ感を保ちます。気温の高い季節や薄手のレイヤーに合わせやすいノースリーブタイプ。

 

機能性アンダーウェアの2大商品

このアンダーウェアで良く比較される2大商品が

「ミレー」の「ドライナミックメッシュ」

「ファイントラック」の「ドライレイヤー ベーシック」

である。

(ミレーのドライナミックメッシュ)

 

(ファイントラックのドライレイヤーベーシック)

 

 

ミレーのドライナミックがおすすめ!

実際に着用した経験から言うと、

夏の日帰り登山においては、私はミレーのドライナミックメッシュをお勧めする。

この2つの違いと、おすすめする理由を挙げて行きたい。

 

おすすめ理由3つ

 

理由① 夏の低山は汗冷えしない

どちらとも、汗を体から離し、汗冷えを防ぐという目的は同じ。

ただ、登山でいう汗冷えは、

標高の上がった山頂で立ち止まると、登っている時かいた汗が冷えて寒くなる

という現象。

夏の低山では常に暑い。

動いたら暑い&山頂で立ち止まっても暑い。という条件では、汗冷えを起こさない。

 

理由② ミレーのドライナミックメッシュは通気性が高い。

夏の暑いシーズンに、ファイントラックのドライレイヤーは、目が詰まっているので保温するように感じる。

逆に、ミレーのドライナミックメッシュは、その特徴的な、かさの高い網目によって通気性を保ってくれる。

右側が、ミレーのドライナミックメッシュ

 

右側が、ミレーのドライナミックメッシュ

 

理由③ ペタつき感の軽減

では、着る意味がないのではないか。と思ってしまうが、

汗をかいた時に、ぺたぺたと肌に張り付く感覚。

あの感覚が苦手な方も多いのではないだろうか。

この機能性アンダーウェアは、それを防いでくれる。

肩のベルトが当たる部分は、縫製を変えてある。

 

 

 

以上から、夏の日帰り登山では、

ミレーのドライナミックメッシュをお勧めしたい。

一年を通して発汗による冷えと不快感を軽減する、究極のドライ感を実現した次世代のアンダーウェア(肌着)。疎水性に優れ、熱伝導率の低いポリプロピレンをベースに、かさ高メッシュで編み上げることで肌面の汗を素早く吸収し、上位のベースレイヤーに拡散します。さらに汗を吸ったベースレイヤーはメッシュの厚みによって肌から遠ざけられ、肌面の冷えを防ぎ、ドライ感を保ちます。気温の高い季節や薄手のレイヤーに合わせやすいノースリーブタイプ。

 

また、別の記事に、ファイントラックのドライレイヤーの特徴を挙げたので、ぜひみてほしい。

 

肌をドライに保ち、体温を守る、メッシュのアンダーウエア「ドライレイヤー®」の定番シリーズです。 finetrack独自の「撥水」技術によって、かいた汗は瞬時に肌から離れ、肌をドライにキープ。汗冷えを抑えます。

 

アイテムカテゴリの最新記事